葬儀,知識,心得
相続人の順位

配偶者の相続権は常に優先される
遺産をだれに相続するかは法律で定められており、相続権のある人を法定相続人といいます。また、法定相続人の順位や、相続する場合も法定相続分として法律で定められています。
法律上の相続人となる権利は、配偶者が最優先されます。つまり、どんな場合にも配偶者は相続人となれるということですが、内縁関係は法律で配偶者と認められませんから、相続人の権利も認められません。相続の割合についても配偶者が優先されますから、いつもすべて相続できるわけではありません。
相続の割合は1.配偶者と子どもがいれば配偶者が2分の1、子どもが2分の1となり、子どもが複数ならそれを均等に分けます。2.子どもはいないが親がいる場合は配偶者が3分の2、親が3分の1となります。3.子どもも親もいないが兄弟姉妹がいれば配偶者4分の3、兄弟姉妹が4分の1を均等に分けるよう法律で定められています。

配偶者がいない場合の順序
配偶者がいない場合には、法定相続人の順位と法定相続分によります。順位は第1順位の該当者がいなければ第2順位に、第1、第2順位の該当者がいなければ第3順位に相続権が移ります。 第1順位は被相続人の子です。ただし子どもが死亡していたり欠落などで相続権がない場合はその子つまり孫、孫も同じような状況にある場合は曽孫になります。第2順位は被相続人の直系尊属=父母、祖父母、曽祖父母、第3順位が被相続人の兄弟姉妹、その子となります。もし、第3順位までもすべてに該当者が存在していないときは、民法第959条によって故人の財産は国庫に編入されます。

前へ次へ
儀後の知識と心得TOPへ冠婚葬祭事典