葬儀,知識,心得
何を相続するか、積極財産と消極財産

遺産相続は、故人の財産を受け継ぐことだと考えられがちですが、正確には故人の財産に関わるすべての権利、義務を引き継ぐというこです。不動産、貴金属などの動産、現金や有価証券といった相続人にプラスする財産を相続すると同時に、借金や保証人の義務などのマイナス財産も相続することです。

この相続人にとってプラスとなるものを「積極財産」といい、逆にマイナスとなるものを「消極財産」と呼びます。相続するかしないかは相続人の自由意志で、相続権発生から3か月以内に決定すればよいと法律で定められています。ただし、相続はオールオアナッシングが原則ですから、積極財産だけを相続することはできません。消極財産が積極財産より多そうなときは、相続の限定承認または放棄を家庭裁判所に申し立てます。ただし3か月以内に申し立てをしないと、遺産のすべて引き継ぐものとみなされ、マイナス財産を含めてすべての財産を相続しなければなりません。限定承認とは、相続した財産の限定内において負債を弁済した結果、財産が残ればその分を相続し債務がオーバーすればその分についての弁済は免除されます。放棄とは一切の財産を引き継がないという制度で、プラスもマイナスもひっくるめて相続しないということです。手続きは1人でもできますが、一度手続きをしてしまうと取り消しはできません。

前へ
儀後の知識と心得TOPへ冠婚葬祭事典