子供のお祝い

子供に関する儀式や行事は、妊娠5か月めにする帯祝いから始まり、出産後は子供の成長に合わせていろいろとあります。
妊娠や子供の死亡率が高かった昔は、無事な出産や成長を願う儀式や行事がたくさんあったのですが、現代では数が減り、内容も簡略化されてきています。確かに医学の進歩により、無事であることのほうがあたりまえになってきている現代ですが、親として自覚を深めるいい機会として祝っていきたいものです。
ただし、儀式や行事の本来の意味をとらえることなく、ただ形だけが華美になっていくのは考えものです。
豪華に祝うことも大切ですが、どういう気持ちで祝うかも考えて下さい。
子供,祝い事

次へ
子供の祝い事TOPへ
冠婚葬祭事典のトップへ