帯祝い

帯祝いは着帯(ちゃくたい)の祝いともいい、妊娠5か月めの戌(いぬ)の日に初めて腹帯を巻き、安産を祈る慣習です。犬は多産でお産が軽いとされ、これに、あやかるようにと戌の日を選びます。腹帯を巻くのは胎児を守り、妊婦の動きを助けるための慣習といえます。
帯祝いに使う腹帯は「岩田帯(いわたおび)」といって、正式には紅白の絹地を用い翌日からはふだん用の白木綿(もめん)の腹帯に替えました。帯は妊婦の実家から贈るのがならわしですが、仲人や子宝に恵まれている夫婦に贈ってもらうこともあります。

祝い事次へ
子供の祝い事TOPへ
冠婚葬祭事典のトップへ