命名書の書き方

命名書は、正式には、奉納紙を縦半分に折り、折り目を下にして3つ折りにしたものに書きます。真ん中の紙面の中央に赤ちゃんの名前を大きく書き、右肩に父親の氏名と続柄(つづきがら)を、左に生年月日を入れます。左の紙面には命名した日付(ふつうは、お七夜(しちや)の日付)を書き、中央より左に大きめに両親の氏名を書きます。これを3つに折って別の奉書紙で上包みをし、表に「命名」と書きます。
簡略にする場合は半紙を用い、中央に「命名◯◯」と赤ちゃんの名前を大きく書き、左に生年月日、右に父親の氏名と続柄を書きます。または市販の命名用紙を利用します。
いずれも毛筆を使い、墨を濃くすって堂々と書くようにしましょう。両親が命名したときは自分たちで命名書を書きますが、字の上手な方に頼んで書いてもらうこともあります。

前へ次へ
子供の祝い事TOPへ
冠婚葬祭事典のトップへ