内祝いの品

金額の目安はいただいたものの3分の1から2分の1程度ですが、一律にいくらと決めてしまってかまいません。品物もすべて同じものでよいのですが、地方によっては慣習が強く残っているところもあるので、自分たちの親に相談してそれぞれの親戚に振り分けるのも方法です。 一般的には、タオルや角砂糖、食器類などで、パッケージや柄がかわいらしいものを選びます。ちょっと工夫するのであれば、キャンディーやクッキーの詰め合わせ、テーブル用品など、しゃれていて邪魔にならないものがよいでしょう。

前へ次へ
子供の祝い事TOPへ
冠婚葬祭事典のトップへ