お食い初めの祝い膳

お食い初めに使うお椀や箸(はし)などはすべて新しいものを整え、正式には白木の三方(さんぽう)、土器(素焼きの陶器(かわらけ))の碗皿、柳の白木の箸を使います。これは妻の実家から贈るのがしきたりでした。 漆器は高価ですし、取り扱いに心くばりが必要なので日常の食器には向きません。あとで使うことを考えて、漆器の祝い膳セットも出ていますが、やはり一般的な離乳食の器のほうが使い勝手がよいでしょう。離乳食の器はいずれも必要となりますから、この機会にぜひそろえてお食い初めにも使ったほうが経済的です。
イラスト

前へ次へ
子供の祝い事TOPへ
冠婚葬祭事典のトップへ