初節句

赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句を初節句といい、男の子は5月5日の端午(たんご)の節句、女の子は3月3日の桃の節句に、盛大にお祝いをします。昔は、祖父母や親戚、仲人(なこうど)などがそれぞれに人形や鯉(こい)のぼりを贈り、みんなで集まってお祝いをしました。今日ではだいぶ簡略化されていますが、できれば祖父母や親しい人たちを招いて、赤ちゃんの穏やかな成長を祈りたいものです。
なお、生後2〜3か月以内に節句を迎えるときは、人形を購入するなどの準備があわただしくなるので、翌年に回すことが多いようです。その場合、周りの人がお祝いの準備を始める前に、なるべく早く知らせておきます。

前へ次へ
子供の祝い事TOPへ
冠婚葬祭事典のトップへ