初節飾り

男の子の武者人形や鯉(こい)のぼり、女の子のひな人形は一式は、昔は妻の実家から贈るものとされていました。現代ではどちらの実家からとこだわらずにお祝い金を贈り、好きなものを買ってもらうという方法でもよいでしょう。または若夫婦が自分たちでできる範囲で買うのもよいものです。 いずれにせよ、昔のように節句飾り一式をそろえる例は、少なくなりつつあります。男の子なら武者人形か兜(かぶと)に鯉のぼり、女の子なら内裏(だいり)びな程度を用意し、あとは子供の成長につれて買い足すのも楽しいものです。

前へ次へ
子供の祝い事TOPへ
冠婚葬祭事典のトップへ