七五三

11月15日に、5歳の男の子と3歳、7歳の女の子が、氏神(うじがみ)様である神社にお参りをし、氏子(うじこ)として無事に成長したことを報告する儀式です。子供の成長の節目、節目のお祝いとして行われています。 かつては数え年で祝いましたが、現在では満年齢で祝う場合も多く、どちらでもかまいません。きょうだいとの年齢差や、子供の成長の具合を見て決めます。 また地方によっては昔どおり、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳を祝うところもありますその土地の風習に従って祝うのもよいでしょう。その土地の風習に従って祝うのもよいでしょう

前へ次へ
子供の祝い事TOPへ
冠婚葬祭事典のトップへ