晴れ着はその後も着られるものを

本来の晴れ着は、3歳ではお宮参りのときの祝い着を着て、女の子はその上に袖なしの皮布(ひふ)を着ます。5歳の男の子は紋付羽織(もんつきはおり)に仙台平(ひら)の袴。7歳の女の子は本裁(ほんだ)ちのきものを肩上げしたもので、上をおろして大きくなるまで着ました。 昔の晴れ着はリサイクルを考えてつくられていましたし、男子の正装のように必需品もありました。けっして1日だけのための晴れ着ではありません。 現代の晴れ着はその後の利用度を考えると、入園や入学の式服、外出着にもなるようなワンピースやスーツを選ぶとよいでしょう。派手にドレスアップするより、清潔に、かわいらしく装いたいものです。

前へ次へ
子供の祝い事TOPへ
冠婚葬祭事典のトップへ