人生の祝い事と年中行事
人生の祝い事と年中行事
長寿の祝いの仕方
長寿の祝いは、昔は本人か家族か親戚や友人を招いて祝いましたが、現代では周りが宴を用意し、そこに当人を主客として招待する方法が一般的です。当人の誕生日や、そのあとの都合のよい日、または敬老の日などに、子供や孫、後輩や世話になった人たちなどが音頭をとり、食事会やお茶の会を開きます。 長寿のお祝いの言葉は、慣習的に「あやからせていただく」といいます。「お年にあやからせていただくことを願っております」とか夫婦健在であれば「ご夫婦のお仲ののよいのにあやからせていただきたいと思います」などと述べ、「いつまでもご活躍ください」などと添えます。
前へ次へ
人生の祝い事と年中行事TOPへ
冠婚葬祭事典のトップへ