人生の祝い事と年中行事
人生の祝い事と年中行事
地鎮祭
家を建てる際には、無事に工事が完了することを願って地鎮祭や上棟式(じょうとうしき)などの行事を行うのがしきたりとなっています。 地鎮祭は建築にとりかかるにあたり、その土地の紙を鎮めるために行います。一般家屋の建築の場合は、土地の神社の神職を招き、建築主と棟梁(とうりょう)、設計者、とびの頭など、ごく内輪の人たちが集まります。この場合、ほかのなじみの神社があったとしても、その土地の神社にお願いします。 日にちは大安に限りませんが、吉日を選びます。家族全員が出席できる休日にするのもよいでしょう。おめでたいことは午前中に行うのがよいとされていますが、暦が先負(せんぶ)にあたるときは午後からにします。
前へ次へ
人生の祝い事と年中行事TOPへ
冠婚葬祭事典のトップへ