人生の祝い事と年中行事
人生の祝い事と年中行事
新築祝い
新築披露に招かれたら、お祝いの品やお金は前日までに届くように送ります。といっても品物の場合、調度品を贈るなら、新居を見てからセンスに合ったものを選んだほうが喜ばれます。当日は花束くらい持って伺い「何かお祝いをと思いましたが、まずはご新居を拝見してから」とことわってあとで贈るのがよいでしょう。
一般には、相手の好みがわからなかったり、難しかったりする場合は、酒や切り花、鉢植え、現金などを贈るのが無難です。好みがわかっていたり、欲しいものが直接聞ける間柄であれば家具や調度品もよいもの。ただし、ストーブ、ライター、灰皿といった“火”に関するものは当人が希望しない限り、避けるのが常識となっています。
イラスト
前へ次へ
人生の祝い事と年中行事TOPへ
冠婚葬祭事典のトップへ