葬儀翌日から法要
葬儀翌日から法要
四十九日までの法要

死亡したら(地方によっては死亡前日から)数えて7日ごとに、初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)、七七日((なななのか)、四十九日)忌日があり、法要を営みます。ただし最近では初七日の法要は葬儀当日に繰り上げて行うことが多くなっています(左図参照)。
二七日から六七日までの忌日には本来、僧侶を招いて法要を行いますが、最近では遺族だけで簡略に焼香をすませるようです。五七日は三十五日と言われ、比較的重要な忌日として法要を行うこともあります。一般的には四十九日の法要が忌明(きあ)けの日として大がかり行われ、納骨をして宴を開いたりします。

前へ次へ
冠婚葬祭事典のトップへ
葬儀翌日から法要のTOPへ