葬儀翌日から法要
葬儀翌日から法要
四十九日の法要の仕方

遺族や近親者、故人と親しかった友人などが墓前に集まり、僧侶を呼んで行います。まず墓前に花と線香とろうそくを供え、僧侶が読経(どきょう)をしたのちに、施主(せしゅ)から順に焼香(しょうこう)をします。この日に納骨(のうこつ)するのが一般的ですが、その場合は事前に寺院に連絡し、火葬許可証を忘れないように持参します。墓地に着いたらまず遺骨を墓にお納め、それから花などを供えて、同様に読経、焼香をします。
そのあとは自宅や寺院の施設、レストランなどで、施主が会食の宴を開きます。菓子折りやお茶、のり、風呂敷などを引出物として配ります。

前へ次へ
冠婚葬祭事典のトップへ
葬儀翌日から法要のTOPへ