葬儀翌日から法要
葬儀翌日から法要
香典返し

仏式では四十九日の忌明(きあ)けに香典返しをします。神式では五十日祭に、キリスト教式では1月後の昇天記念日にします。
香典は相互扶助の意味合いもあるので、香典返しは「半返し」か、一家の主人が亡くなった場合は「3分の1返し」などといわれていますが、決められたことではありません。実際は2〜3段階に分けて品物を用意し、もらった金額に合わせて贈るのが一般的です。一律に同じ品物でもよいでしょう。品物はタオルやシーツ、お茶、砂糖、石けんなどの日用品が無難です。 品物には黒白などの水引が印刷されたかけ紙をかけ、挨拶(あいさつ)状を添えて贈ります。購入先などから直送してもらってもかまわないでしょう。
なお、香典を社会施設などに寄付したときは香典返しをせず、その旨を書き添えた挨拶状のみを出します。

前へ次へ
冠婚葬祭事典のトップへ
葬儀翌日から法要のTOPへ