葬儀翌日から法要
葬儀翌日から法要
仏式の年忌法要

毎年めぐってくる故人の命日を「祥月(しょうつき)命日」と呼び、死亡の翌年に一周年忌、以後2年めからは死亡した年も数えに入れて、三、七、十三、十七、二十三、二十七、三十三、五十、百回忌を行います。それ以降は50年ごとに行い、本来は永遠に続けるのが理想ですが、一般には三十三回忌を「弔上(とむらいあ)げ」といって、最終年忌とします。これらの法要を年忌法要と呼び、僧侶に読経(どきょう)してもらって故人を供養します。一周忌は近親者などを招いて比較的盛大に行いますが、三回忌以降は内輪で営み、その規模も次第に小さくしていきます。
なお、法要ではない年の命日にもお墓参りをして故人を供養することは大事です。

一周忌:死後1年め
比較的盛大に行う

三回忌:死後2年め
七回忌:死後6年め
十三回忌:死後12年め
十七回忌:死後16年め
二十三回忌:死後22年め
二十七回忌:死後26年め
内輪で行う。二十三回忌と二十七回忌をあわせて二十五回忌として行うこともある。

三十三回忌:死後32年め
「弔上げ」として比較的盛大に行う
前へ次へ
冠婚葬祭事典のトップへ
葬儀翌日から法要のTOPへ