葬儀翌日から法要
葬儀翌日から法要
百か日の法要

四十九日の法要と一周忌の間、死後100日めに百か日の法要を行います。本来は僧侶を招いて読経してもらいますが、最近では遺族だけで内輪に行うことが多くなりました。
また、昔は百か日の法要に「施餓鬼会(せがきえ)」をあわせて行うこともされていました。これは仏教の教えに餓鬼道(がきどう)に落ちた無縁の死者に施(ほどこ)しを行うというものですが、最近は盆の際に行うのが一般的となっています。
前へ次へ
冠婚葬祭事典のトップへ
葬儀翌日から法要のTOPへ