葬儀翌日から法要
葬儀翌日から法要
法要の仕方

法要は自宅か寺院で行いますが、最近は斎場やホテルなどで開くケースもあります。いずれにしろ1か月前には日時と場所を僧侶に相談して決め、参列してもらいたい人に案内状を出します。一周忌では近親者のほかに、故人と親しかった人などにも声をかけます。
なお、法要の日取りは命日よりも前に行ってもかまいませんが、あとにずらすのはいけないとされています。
法要の内容は、一般に僧侶の読経(どきょう)、仏壇などへの焼香(しょうこう)、墓参り、会食です。会食のメニューは本来は精進料理ですが、最近ではこだわらなくなり、茶菓程度にすることもあります。参加者には引出物として菓子やお茶、のりなどを配るのが一般的です。
前へ
冠婚葬祭事典のトップへ
葬儀翌日から法要のTOPへ