人生の祝い事と年中行事
人生の祝い事と年中行事
子供の祝い事

妊娠
5か月めに腹帯を。全般にはマタニティウェア、妊娠・出産に関する家庭医学書、育児書、胎教用のCDなど。
赤ちゃんに関するものは早すぎるので、妊娠中に役立つものを。

出産
ベビー服(とくにふだん着)、肌着、よだれがけ、ベビーチェア、ベビーカー、ベビーベッド、子供用布団、ベビータンスなど。
お七夜(生後7日)から宮まいり(生後1か月)まで。ベビー服は重ならないよう大きめのサイズのものを。現金なら赤ちゃんの名前で貯金通帳をつくってあげても。

お宮参り
妻の実家から出産祝いのときに、お宮参り用の祝い着を贈るならわしもある。
ごく身近な間柄でなければ、とくに品物でのお祝いは必要ない。

お食い初め
祝い膳用の器セット、離乳食用の食器セット、ベビーフードの詰め合わせ、食事用のベビーチェア、離乳食用の調理器具セットなど。
ごく身近な間柄でなければ、とくに品物でのお祝いは必要ない。

初節句
男の子には鎧、兜、武者人形、鯉のぼりなど。女の子にはにな人形、舞踊人形など。ほかにはおもちゃ、宝石箱・オルゴールなど。
半年前ぐらいから当日(男5/5、女3/3)まで。段飾りやメインのお飾りは実家から贈ることが多いので、それ以外の人は重ならないように、事前に先方に問い合わせて。

初誕生日
バースデーケーキ、菓子、おもちゃ、絵本、アニメなどのVTR、洋服、花など。
バースデーケーキを贈るときは先方に事前に伝えておき、名前入りにするとよい。

七五三
靴、ハンドバッグ、ネクタイなど当日身につけ小物類、絵本、おもちゃなど。
親しい間柄なら服や装飾品で足りないものを聞いて贈るのもよい。

発表会
花束、菓子など子供同士の付き合いなら小さい花束やキャンディー、ハンカチなど。
招待券をもらったときは、切符代より少し多めと思われる現金を包んでも、品物でもよい。

入園・入学(小学校)
通園バッグ、ランドセル、学用品セット、通園・通学用の服や靴、本、図鑑、地球儀、学習机など。
決定後なるべく早く、入園、入学1週間ぐらい前まで。先方に欲しいものを聞いて贈るのがよい。無理なら重なってもよいものを。

入学(中学・高校・大学)
万年筆、腕時計、辞書、スポーツ用品、定期入れ、コンサートの券など。
決定後はなるべく早く。好みがはっきりしてくるころなので「◯◯を買う足しに」として現金や商品券を贈っても。

成人式
バッグ、パールのアクセサリー、慶事用のネクタイなど晴れ着の合わせるものを。
半月前ぐらいから当日まで。冠婚葬祭に使える小物など、大人になったことを自覚させるようなものを。

就職
ネクタイ、スーツ、時計、ビジネス手帳、書類バッグ、洋服、スカーフ、アクセサリー、化粧品など。
決定後なるべく早く。通勤に役立つものを、ひとり暮らしを始める人なら台所用品、電話機、時計、食器、スタンドなど生活に役立つものもよい。

次へ
喜ばれる「お祝いの贈り物」TOPへ
冠婚葬祭事典のトップへ