お返し
お返し
お返しは1ヶ月以内に
お祝いをいただいたのに、残念ながら披露宴に招待できなかった方には、内祝いの品を贈ってお礼にかえします。 お返しする金額は、通常贈られた品の金額の半分程度のものとし、品物は実用品やいくつもあっても困らないもののほか、引出物と同じものを内祝いとして贈るのもひとつのアイデアです。
表書は結び切りの「内祝」とし、下には結婚後の二人の姓を書きます。実家の両親の関係でいただいたような場合、実家の姓を書いた方がよい場合もあります。
本来なら持参してお礼を述べるのが望ましいのですが、遠方の場合や数が多い場合は宅送にし、その場合は、礼状を忘れないように添えます。
また、披露宴のときに祝電をくださった方にも忘れずにお礼状を出しておきます
イラスト
前へ次へ
冠婚葬祭事典のトップへ
結婚のインデックスへ