結納
結納
結納品(結納飾り)

結納は本来、ゆひのもの(結いの物)といい、新しく姻戚(いんせき)関係を結ぶ両家が一緒に飲食する酒肴を意味するといわれています。そこへ次第に花嫁の身の回り品やお金が加わり、現在の結納品は結納金(金包(きんぽう))に添える一種の飾りとなっています。
結納品は5品、7品、9品をセットして売っており、9品セットは
 1.目録(もくろく)、
 2.長熨斗(ながのし)、
 3.金包(きんぽう)、
 4.末広(すえひろ)、
 5.友白髪(ともしらが)、
 6.子生婦(こんぷ)、
 7.寿留女(するめ)、
 8.勝男節(かつおぶし)、
 9.家内喜多留(やなぎだる)です。
これらの品にはいずれも紅白か金銀の水引きをかけ、祝い台に向かって右から1.〜9.の順に並べます。品目は一般には仲人に相談し、両家で同じものをそろえるようにします。

イラスト
前へ次へ
冠婚葬祭事典のトップへ
結婚のインデックスへ