結納
結納
結納

ふたりの結婚の意志が固まったら、婚約に進みます。恋愛、見合いのいずれの場合もそうですが、ふたりが結婚を口約束しただけでは、結婚は成立しません。婚約の方法はいくつかありますが、りょうけの親や友人・知人といった第三者が立ち会うことが必要です。

その方法は
1.結納(ゆいのう)を取り交わす、
2.婚約パーティーを開く、
3.婚約記念品を贈り合う、
4.婚約通知を出す、
といったことが一般的で、いくつかを組み合わせて行うことがあります。 最近は簡略化される方向にありますが、本人を中心に両家で話し合い、内容は簡単でも結婚へのけじめとして、きちんと取り交わしておく必要はあるでしょう。
イラスト
次へ
冠婚葬祭事典のトップへ
結婚のインデックスへ
結納
結納 冠婚葬祭事典のトップへ
結納のインデックスへ
仲人へのお礼 前へ次へ

仲人へのお礼はその日のうちに「御礼」としてお金を包みます。仲人が祝い膳を辞退をした場合は「酒肴料(しゅこうりょう)」を、交通費がかかった場合には「御車代」をお礼とは別に包みます。いずれも両家が同じ金額になるように打ち合わせし、それぞれで用意します。ただし、一堂に会して行った場合は両家でまとめ、連名にして渡します。
祝い膳を一方の家で出した場合は、他方の家では同程度の酒肴料を包むのが一般的です。
お礼の相場は結納金の1〜2割程度といわれていますが、両家で話し合って決めましょう